スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
JAY'ED 『MUSICATION』
<初出「Groovin'」2009.10-11/ISSUE#121>


音楽は人と人を繋ぐ…その思いをただただシンプルに
いいメロディーと、いい歌声にのせて。
1stアルバム『MUSICATION』リリース。


JAYED-A.jpg JAY'EDの最新シングル「Everybody」がいい。
 知るきっかけとなったのはau by KDDIのCM。
 「ケータイと歩けば、その5分がスポーツになる。」というキャッチで、オフィスや学校と様々なシチュエーションの人々が携帯を身につけ颯爽と歩くその歩幅に、「Everybody」の軽快なビートがマッチしていて非常に気持ちがいいのだ。
 サビを一層盛り上げるJAY'EDのしなやかでクールな歌声も手伝って、思わず自分も歩き出したくなるような気持ちになる。
 この心地よい高揚感…嬉しい出会いだった。

 2008年5月のメジャー・デビュー以降5枚のシングルを発表し、コンスタントに活動を重ねてきたJAY'EDだが、やはり彼の認知度が一気に高まったのはJUJUとのコラボレーション「明日がくるなら」だろう。
 JUJUを優しくアシストしながら、時にリードする紳士的なヴォーカルは、JUJUの楽曲でありながら、JAY'EDの歌声無しでは決して成り立たないドラマティックな世界を2人で丁寧に築いていた。

 彼との出会いはこの曲から…そんな人も少なくないはずだ。

 これらの追い風を受け、いよいよお目見えする1stアルバム『MUSICATION』。MUSICとCOMMUNICATIONの造語による今タイトルは、音楽に対話同等のコミュニケーション・パワーがあると信じる強い思いと、自らが発信する音楽によって多くの人と繋がりを持ちたいという願いが込められているという。
 彼のベースであるR&Bを基軸にしながらもジャンルに囚われない柔軟なアレンジが施されたポップス・アルバムといった趣の内容で、生まれ持った血筋によって日本語と英語、どちらの言葉も自在なだけに、彼の歌うリリックには一瞬耳を疑うほど、日英の言葉がナチュラルに行き交う。
 何より彼のヴォーカルが素晴らしく、スウィートでありながら存在感を残す力強い歌声、独特な揺れのビブラートもまた魅力的だ。
 前述の「Everybody」をはじまりに前半はシングル曲がずらりと並ぶ。
 アルバムとしての流れを作りながらもさすがはシングル曲、どれも耳に留まる強力ナンバーばかりで、中でも「ずっと一緒」の満ち満ちる幸福感には自然と顔もほころんでしまう。
 中盤は都会的でクールなビートによって引き締まった印象で、アルバム唯一の全編英語詞「Number 2 Heaven」、極上のラヴ・ソングでありながら甘くなり過ぎない「Superwoman」など好印象なアレンジが続く。ピアノと歌声のみで紡がれるバラード「最後の優しさ」、EMI MARIAをフィーチャーした「Luv is...feat.EMI MARIA」など、終盤はゆったりとしたナンバーでクール・ダウン。
 派手に着飾ることなく、JAY'EDの最大の魅力であるヴォーカルを生かしたシンプルな作りはとても肌触りが良く、じっくりと、また何度も聴きたくなる後味でアルバムを締めくくる。

 1曲1曲にドラマがありながら12曲の流れがとてもスムーズで、それでいてループしたくなる余韻までも与える。
 "1曲買い"が日常になった昨今で、こうしたアルバムであるべき作品に出会えることは本当に幸せなことだと思う。
 JAY'EDの歌声を聴けば『MUSICATION』…その言葉の意味が確かである事を実感するはずだ。

Text by 浜田幸子(Groovin’編集部)


JAYED-J_20091030115429.jpg『MUSICATION』 TFCC-86311 10/28発売
最新シングルが「au by KDDI」CMタイアップソングとして話題になる中、いよいよ1stアルバムをドロップ!シングル5作を含む全11曲に加え、ボーナス・トラックとしてDJ KAORIとのコラボも収録と、JAY'EDのスウィートでエモーショナルなヴォーカルを存分に楽しめる好内容。
スポンサーサイト
【2009/11/01 02:30】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。