スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Catch Up! 『ラスト・ブラッド』
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>
©2009, EAST Wing Holdings Corp. and SAJ. All Rights Reserved.


LB-LOGO黒-[更新済み]

セーター服に日本刀、おさげ髪の少女が斬って斬って斬りまくる!
人類の滅亡を阻止する壮絶なサヴァイヴァル・アクションここに誕生。


Text by 大野裕子(磐田南店)



場面写メイン-A

 1970年、先が見えない混迷の時代を迎えた日本。
 オニと呼ばれるヴァンパイア種族によって人類滅亡の危機が迫る中、ひとりの少女が忽然と現れる。
 少女の名はサヤ。
 オニと人間の混血である自らの宿命に苦しみながらも果たすべき目標は、
最強のオニ"オニゲン"を倒すこと。
 一人孤独に生きてきたサヤは初めて心を通わせた友人アリスを守りながら何百ものオニを斬り倒し続け、
遂にオニゲンに迫るサヤを待っていたのはさらに過酷な運命を知ることだった…。


場面写サブ-月-A場面写サブ-火-A


場面写サブ-木-A 原作は、2000年に劇場公開されたプロダクション I.G制作のフル・デジタル・アニメーション『BLOOD THE LAST VAMPIRE』。
 クエンティン・タランティーノ、ジェームズ・キャメロン等世界中の一流クリエイターたちから絶賛され、ハリウッドからの実写オファーが殺到したこの作品が『キス・オブ・ザ・ドラゴン』を送り出したフランス人監督、クリス・ナオンの手によって実写化が実現、最高のスタッフ、キャストで映画『ラスト・ブラッド』が完成した。
場面写サブ-水-A ヒロインのサヤには『猟奇的な彼女』などでおなじみ韓国のトップ女優、チョン・ジヒョン、サヤの宿敵オニゲンを妖艶に演じるのは『ラスト サムライ』でハリウッド・デビューも果たした小雪。
 日韓を代表するアジアン・ビューティが本格的アクションに挑戦し、クライマックスを飾る壮絶な闘いのシーンは息を呑むほど激しく美しい。
 アクション監督は、『リーサル・ウェポン』『レッドクリフ PartⅠ』などのアクションも担当したコーリー・ユン、サチの育ての親カトウ役には"和製ドラゴン"倉田保昭とアクション・ファンには感動のコラボレーションも実現。
 数少ないながらも倉田氏の芸術的なアクション・シーンも本作には欠かせないひとつになっています。




『ラスト・ブラッド スペシャル・エディション』
ラスト・ブラッドDVD
ACBF-10731
10/9発売
2000年に劇場公開されたフル・デジタル・アニメーション『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の世界観をそのままに、チョン・ジヒョン&小雪によって実写化されたサヴァイヴァル・アクション。日韓トップ女優の見せたことのない迫力の表情に誰もが釘付けに。
スポンサーサイト
【2009/10/01 15:30】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。