スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
編集長のおすすめ #119
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>


編集長のおすすめ!
今回のこのコーナーでは、最近リリースの新作を中心に書籍を含む9タイトルをご紹介します。
新作では黒沢秀樹プロデュースによる石野田奈津代のフル・アルバム『60億の涙』や土岐麻子のサイド・ワークス集、グルーヴィーな良質インストの"in time"、それにティアゴ・イオルクやレヴォン・ヘルム、アル・カンポスなど洋楽も大充実。
ハンクの未発表アルバムもお薦めです。
是非すみや各店の店頭でチェックしてみて下さい。
在庫していない商品はお取り寄せ致しますので、お気軽にスタッフまでどうぞ。


石野田奈津代
『60億の涙』
石野田奈津代CD
UMCC-1036
発売中
メジャー復帰後も精力的に活動を続けている石野田奈津代が、遂にフル・アルバムをリリースした。先行ヒット・シングル曲「春空 -ハルソラ-」「永遠」では等身大の目線で思いの丈を感動的に歌い、大きな反響を得たが、これらのナンバーを含む本作はまさに彼女の「うた」の力に背中を押されるような、勇気と前向きさに満ちあふれた、そんな1枚だ。自身の姿を常に見つめ、これまでの活動を確実に明日への糧として歩みを進めてきた彼女だからこそ、本作に込められたメッセージは実にリアリティをもって聴く者の心に無理なく響くはず。プロデュースは本誌の連載でのお馴染みの黒沢秀樹。ギルバート・オサリバンの「Alone Again(Naturally)」とも共通するテイストの「恋人」や、スライド・ギターが心地よい「自由」、女性版ジェイムス・テイラー・アプローチの様な「クッキー」など、音楽的な遊び心も素敵。
ティアゴ・イオルク
『レット・ユアセルフ・イン』
ティアゴ・イオルクCD
VICP-64733
8/26発売
ブラジル出身、弱冠23歳のSSW、ティアゴ・イオルクのデビュー・アルバムが遂に登場。若い世代ならではのミクスチャー感覚を武器に、アメリカン・ロック/SSW/ソウル/ブルースなどの風味を絶妙の感覚でブレンドしたサウンドと、柔らかで伸びやかなヴォーカルが融合した本作は、全編を通して極めてクールで魅力的!ジョン・メイヤーにも通じるフィーリングと高いクオリティは一聴の価値アリ。しかもビートルズの「Ticket To Ride」とテンプテーションズの「My Girl」のカヴァーも!特に「Ticket To Ride」の料理の仕方は、新しさと伝統を見事に取り込んだアレンジも含めて、彼のセンスの良さと進むべき方向性をきっちりと我々に提示してくれている。日本盤にはボーナス・トラック1曲(「Nothing But A Song」のアコースティック・ヴァージョン)を追加。これもボッサ・テイストで心地よい。
ハンク
『ザ・ファミリー・アルバム』
ハンクCD
VSCD-9357
発売中
良質な作品を次々発売しているプロダクション・デシネから届いたのは、レイ・ワンダーの中心人物だったヘンリック・アンダーソンが同バンド解散後に結成した"ハンク"の幻の未発表アルバム。レイ・ワンダーと言えば、そのひと捻りあるサウンドと独特のポップ感覚で、スウェーディッシュ・ポップの中でも個性派として知られたが、本作で見事に発揮されている疾走感溢れるサウンドとブリティッシュ寄りのポップ感覚は特筆もの。ヘンリックが持つ音楽的なアイディアの豊富さを改めて実感することが出来る好作品だ。発売中のレイ・ワンダーの『グッド・ミュージック・プラス』『スーパー・レイ・ワンダー』や、現在ヘンリックが組んでいるザ・クラウンの『クラウニズム』と共に、持っていて損はないアイテムだ。紙ジャケット仕様で、ボーナス・トラック4曲を追加収録。祝!世界初CD化!

土岐麻子
『VOICE 〜WORKS BEST〜』
土岐麻子_voiceCD
RZCD-46278
8/26発売
『TOUCH』が大好評の土岐麻子が、これまでに他のアーティストとコラボした作品や、フィーチャリングVo、カヴァー作、CM曲などの形で発表したナンバーをコンパイル。しかもこの季節にピッタリの爽やかな新曲「Flamingo」に加え、バカリズム×土岐麻子によるラジオ・プログラム仕立てのInterludeや、自身による「土岐麻子講座」まで収録!YMOの『サーヴィス』を彷彿とさせる好盤!
in time
『on sunday vol.2』
on_sunday2.jpgCD
UVCA-1002
発売中
松尾光/冨田謙(ex:Small Circle of Friends)/小山晃一(ex:NONA REEVES/HOW)/宮川剛(ex:Small Circle of Friends)からなるインスト・バンド、"in time"のフル・アルバムが登場。夏の午後に聴くと心地よいこだわりのカヴァー9曲を収録。ヤング・ラスカルズの「Groovin'」やニール・セダカの「Laughter In The Rain」、ロジャニコの「The Drifter」など選曲も◎!
キンモクセイ
『ベスト・コンディション〜kinmokusei single collection〜』
キンモクセイCD
BVCL-20005
9/2発売
「二人のアカボシ」のヒットで知られ、現在活動休止中のキンモクセイが2007年11月にリリースしたベスト・アルバムが、高品質Blu-spec CDでリイシュー!「僕の行方」に始まり、「七色の風」や吉田美奈子やシリア・ポール、ラッツ&スターなどでお馴染みの「夢で逢えたら」(大瀧詠一作品)のカヴァーなど、全シングル曲を網羅した決定盤。独特のポップ・サウンドを良い音で!

レヴォン・ヘルム
『エレクトリック・ダート』

レヴォン・ヘルムCD
SICP-2366
8/26発売
前作『ダート・ファーマー』で25年ぶりに復帰した元ザ・バンドのレヴォン・ヘルムが、早くも新作を発表!引き続きラリー・キャンベルをプロデューサーに迎え、4曲にホーンを、コーラスに娘のエイミー・ヘルムとキャンベルの妻のテレサ・ウィリアムズ起用するなど、気心の知れたメンバーで作られた傑作。温かみ溢れる歌とサウンドは健在!しかもグレイトフル・デッドのカヴァーも。初回デジパック仕様。
アル・カンポス
『オールド・スクール・ラヴィン』

アル・カンポスCD
XQCF-1016
発売中
L.A.出身で、その後デンマークに移住し活動中のアル・カンポスのソロ・デビュー・アルバム。アンドレ・クラウチを叔父に持ち、母もゴスペル・シンガーと音楽一家の血を引く彼は、これまでコーラスやセッション・ミュージシャンなどで活躍してきたが、本作はグルーヴ感溢れるソウルやAORなどをベースにしたメロウな快作。ミックスはアル・グリーンで知られるウィリー・ミッチェル!
ジム・コーガン/ウィリアム・クラーク・著
『レコーディング・スタジオの伝説
  20世紀の名曲が生まれた場所』
レコーディング・スタジオ書籍
奥田祐士・訳
発売中
2003年に発刊された『Temples of Sound』の日本語版が遂に登場!1940年代後半〜70年代までのアメリカにおける代表的なレコーディング・スタジオを取り上げ、そこで録音された有名な作品やミュージシャンの逸話、関係者の証言などを紹介しており、まさにロックやポップス、R&Bなどが生まれたその背景を垣間見ることが出来る充実の1冊だ。写真を見ているだけでも楽しい。

スポンサーサイト
【2009/09/01 15:00】 | 編集長のおすすめ! | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。