FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
絢香 『ayaka's History 2006-2009』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


刹那と消費のJ-ポップ・シーンにおいて、世代を問わず
多くの人に愛されたシンガー・ソングライター、絢香。
その3年半の足跡。


絢香-A


 デビュー当時から周囲の期待を一身に背負い、あらゆるラッキーな状況も手伝って、わずかの間にJ-ポップ・シーンを代表するシンガーに成長していった絢香。
 それはもはや周知の事実だろう。
 今春、21歳になった彼女は結婚会見の場で、自らが抱える持病の治療に専念するため、無期限の音楽活動休止を発表、大きな話題となった。
 その約3年半に及ぶ軌跡をコンプリートしたのが本作、キャリア初のベスト・アルバムとなる。

 過ぎてみれば、歌だけが残った。

 2006年2月のデビュー曲「I believe」から、コブクロとのコラボレーション曲「WINDING ROAD」「あなたと」、最新シングル「みんな空の下」までのシングル・タイトル曲すべてを収めた、ヒット曲ばかり全16曲。
 「どんな色にも染まらない 『黒』になろうと思った」。
 かつてそう歌った少女は、いつしか「何も怖くない ひとりじゃないよ」と歌うまでになった。
 それを成長と呼ぶにはおこがましいが、〈本当に大切なこと〉を歌いたいと願うようになった彼女の大人への変化には感慨深いものがある。
 すべてにタイアップが付いているのも圧巻だが、特定のスタイルや世代に寄ることがなかった稀少な存在であることに加え、最近では作曲にも意欲的であり、また蔦谷好位置、常田慎太郎(fromスキマスイッチ)ら、コンポーザー、アレンジャーに新しい面々を迎えるなど、新しい方向性にシフトしていた時期だけに、事情を承知の上でいえば、ここで打たれる休止符は惜しい。
 だが時系列に彼女の歩みを丁寧に辿っていくと、絢香というシンガーを取り巻いた、時に過剰なほどにも思えた数多のトピックは、その歌と楽曲の前にあっては、〈何のタイアップであったか〉はもとより、〈そのとき何があったか〉も、あまり意味を成していないことがわかる。
 結局、喧騒の後に残ったのは話題性ではなく音楽のみという本来当たり前でなければならない事実を、このアルバムは無言で物語っている。

 初回完全生産限定盤のみのDisc-2には、2枚のオリジナル作とカップリング曲の中からリクエスト形式で選出された10曲を収録。
 期せずして休止前のラスト・ソングとなった「ありがとう。」のカラリとした大らかさと、ジャケットで見せた、これまででいちばんナチュラルで可愛らしい笑顔に、いつか実現するであろう彼女の復帰に思いを馳せた。
 あまりに短いヒストリー、その先があってほしいと願っている。

Text by 篠原美江


絢香-J『ayaka's History 2006-2009』 
無期限活動休止に入る絢香、その集大成となるベスト・アルバムにはシングル表題曲を中心とした全16曲を収録。加えて、ファン投票で選ばれた10曲を収めたDisc-2と、それぞれフォトブック、ヒストリーDVDが付いた初回完全生産限定盤2タイトルも。


★形態別詳細★

[初回完全生産限定盤]2枚組
<Photo Book付> WPCL-10742〜3
<History DVD付> WPZL-30160〜2

[通常盤] WPCL-10744
続きを読む
スポンサーサイト
【2009/10/01 23:59】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
AI 『BEST A.I.』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


ジャパニーズR&Bベスト=BEST A.I.。
その歌声、そのグルーヴ感を体感してください!


AI-A.jpg


 現在多くの女性R&Bシンガーが活躍するなか、唯一無二の圧倒的な存在感を見せているのがAIであろう。
 厚みのある歌声、洋楽HIP HOP/R&B風のヴォーカル・パフォーマンスが印象的であり、彼女の持つグルーヴ感に多くの人が魅了されている。
 本場ロサンゼルスでソウル、R&B、HIP HOP、ダンスなど音楽に関する様々な事を学び、17歳の時にはL.A.のユニバーサル・アンフィシアターで行われたメアリー・J. ブライジのライヴ・クワイアーの一員として参加。
 さらにその後も全米から1,000人近く集まったダンサーとともに受けたオーディションで見事勝ち残り、ジャネット・ジャクソンのプロモーション・ビデオ「ゴー・ディープ」にも出演した。
 アメリカ・デビューの話があったほど、日本デビュー前から海外ではかなり注目されていたのだ。

 そのデビューから9年を経て、9月16日にAIのベスト・アルバムが発表された。
 デフ・ジャム・ジャパン、そしてISLANDからリリースしたシングル曲を中心にファン投票の結果を基に選ばれた全18曲が収録されている。
 本作の1曲目は彼女の大ヒット・ナンバー「Story」で始まり、「Believe」「ONE」と続き、個人的に気に入っている5曲目「So Special -Version A.I.-」、彼女の武器でもあるグルーヴ感が存分に発揮された10曲目「MUSIC」、11曲目「I Wanna Know」、さらにこのアルバムでしか聴くことのできないボーナス・トラック「All For You -Movie short ver.-」(AIが初監督を務めた短編オムニバス映画『TAKE ACTION』の主題歌)や「Story」のニュー・ヴァーションと、中盤から後半にかけてHIP HOP/R&B色が特に強く感じられ、AIの魅力を時代ごとに体感することができる。

 本作に対してAIは「実は最初はベストを出したいとは思ってなかった。だってベストを出してこれで終わりってわけじゃないしさ。まだやるんですか?って言われるくらいやり続けるつもりだから。でも私がデビューした頃小学生だった子が中学生になったりして、その子達は"Story"も"Believe"も知らないかもしれないじゃん。昔の曲が新しいっていう人もいると思うし、そういう人にベストを出すことで自分をより知ってもらいたいなと思ったんだよね」と語っている。
 彼女の軌跡をより多くの人に知ってもらいたいという願いが詰まったベスト・アルバム…この1枚からさらに多くの人がAIに魅了されることは間違いないであろう。

Text by 村山寛樹(市原白金通り店

AI-J.jpg『BEST A.I.』 [初回限定盤]DVD付 UPCI-9034 発売中
大ヒット曲「Story」をはじめ、AIのキャリアにおける初のベスト盤が到着!日本人離れした歌声、グルーヴ感を時代ごとに感じられる1枚。このアルバムでしか聴くことのできないボーナス・トラックも収録。初回限定盤にはシングルの未商品化PV7曲を収録したDVD付き。
[通常盤] UPCI-1095
[初回限定スペシャルプライス盤] UPCI-9036
続きを読む
【2009/10/01 23:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
SPECIAL INTERVIEW 『hayato kaori』
<初出「Groovin'」2008.09-10/ISSUE#120>

INTERVIEW


hayato kaori SPECIAL INTERVIEW

隼人加織-Aブラジルと日本、2つのDNAを持つシンガー、hayato kaoriが待望の2ndアルバム『Lindas』をリリース!
ブラジルの空気をたっぷりと孕んだ新作について、お話を伺ってきました。
この『Groovin'』ブログでは、本誌で掲載しきれなかった分を含む完全版でお届けします。


【インタヴュー&構成:池 佐和子】




続きを読む
【2009/10/01 22:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
ゆず 『FURUSATO』
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>


ベスト盤ではありませんが、まるでベスト。
ゆず待望の新作はシングル曲、タイアップ曲満載の
濃すぎる内容デス。


ゆず-A 昔から変わらないなぁと思っていたのに「あれ、こんなに大人になってたっけ?」とふとした瞬間思う事はないだろうか。
 リーダー北川悠仁のまさかのドラマ出演、横浜開港150周年記念テーマ・ソング制作、そして夏の音楽イベントのプロデュース…と、この1年だけを見ても大活躍する彼らには、そのアーティストとしてのスタンスの進化に驚かされたが、音楽性に関しても同様の意欲的な進化が表れているのかもしれない。

 ゆずの1年半ぶりとなるアルバム『FURUSATO』。
 前作『WONDERFUL WORLD』以降にリリースされたシングル曲からもアーティストとしての成熟ぶりが充分窺えるのだが、そのシングル曲を含め、アルバムを通して聴いてみると改めてそれを実感出来るだろう。

 ゆず初の共作で北川君のキャッチーなメロディと熱いパッションに岩沢君のシニカルな世界観が引き起こす化学反応が絶妙な「シシカバブー」、「栄光の架橋」の時とはまたひと味違う、懐が深いと言うか良い意味で少し上の視点から描かれている新たな応援ソング「虹」、或いは未知の領域ともいえるエロPOP?チューンの「いちご」だったり…現状に留まることなく進化する彼らの今が凝縮されている。
 そんなシングル曲、タイアップ曲とアルバム・オリジナル曲とのバランスも絶妙で、アルバム曲ではアコースティックやライトPOPな雰囲気を散りばめた、昔ながらのゆずらしさを感じさせてくれるのも嬉しいところ。
 北川君自らがアフリカの大地を踏みしめ、そこで感じた想いや葛藤の中で生まれた「はるか」や屈指のバラード曲「二つの言葉」などシングル曲以外も名曲ぞろいの本作だが、中でも「スーパーマン」はPOPでありながら控えめなアレンジに控えめなヒーロー願望がどこか岩沢君らしく、作品中でも心地良いアクセントとなっている爽やかな曲だ。

 今作のプロデューサーには蔦谷好位置、寺岡呼人に加えて島健を迎えて制作され、今まで以上に感情的で心に染みる楽曲を中心に組み立てられている。
 が、一方でいつの間にか変化しているように見えるスタンスや音楽性の裏には、変わることなく持ち続けている彼らにしか描けないキャンバスがある。
 それこそがきっと彼ら自身、リスナーにとってのゆずの"FURUSATO"なのだろう。
 今作を聴いて、そんな事も感じた。

Text by 森 祐一郎(市原白金通り店

ゆず-J『FURUSATO』 SNCC-86919 10/7発売
通算9枚目のオリジナル・アルバムは浅田真央出演のCMソングでも話題の「虹」、ドラマ主題歌「逢いたい」、TOYOTAラクティスCMソング「Yesterday and Tomorrow」などタイアップ曲を多数収録した豪華内容でゆずの今が凝縮されている。初回仕様は三方背ケース、4面デジパック仕様、36Pブックレット付き。

続きを読む
【2009/10/01 21:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
Caravan 『Luck and Pluck』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


Caravanと旅をしたい。
音楽で感じるラフ&メロウな世界を楽しみたい!!


Caravan-A.jpg


 なんだかひとり旅がしたくなった。
 行く先も決めずデイバッグ片手にぶらりと出かけてみるのも良いかも知れない。
 そんな時に一緒に連れて行くにはCaravanの音楽はよく似合う。
 力まず風に任せて…。
 ギターの音色が風に色をつけていくようで柔らかなメロディだと感じた。

 約1年ぶりに届けられたニュー・アルバム『Luck and Pluck』はほぼ自宅で録音されたものだという。
 リラックスした状態で一番ナチュラルなサウンドが収められたものだと思っていい。
 まさに原点回帰とでも言おうか。
 余分な飾りは全くなくCaravanというアーティスト自身を感じられる。
 ラフでメロウなサウンドは聴くものの肌にぴたりとなじみ、どこが寄り添うような心地よさを纏う。
 このアルバムを連れてどこへ旅をしようか?
 「Morning Song」を聴きながら夜の砂漠にも似た寂しげな街を、雨が降ったらいっそびしょ濡れになって「Beautiful Losers」を、「Tripster Blues」を聴きながら旅先から大切な人へ手紙を書いてみたりして。
 理不尽な何かに息詰まった時には「ほんのすこしだけ」を口ずさんだら元気になりそうだ。
 人はみな人生という名の旅路をゆく旅人で、そこには気持ちがめげそうな時にはいつでも支えてくれる音楽という存在がある。
 「Music」と「Melody」の2曲へと込められた愛と喜びは、あまりにもストレートに心に響いてきた。
 以前、彼の演奏を小さなライヴハウスで見たことがある。
 視線の先に何があったのかは分からないが、気持ちよさそうにギターを爪弾く姿が印象的だった。
 派手なパフォーマンスではなかったが、酒と音楽を楽しむ空間にすんなりと溶け込み、気持ちの良い時間を過ごすことが出来る。
 心の確信に迫る言葉を紡ぐ詩世界にも心惹かれる。
 ピュアなだけじゃない。
 大人たちが忘れてしまった何かを心に刻むことが出来るのかもしれない。

 夏の終わりと秋の始まりに、暑かった夏へのご褒美としてCaravanのゆったりとしたメロディを贈りたい。
 実際に体は旅することが出来なくても、心だけでも連れて行ってあげられるから。

Text by 有田幸恵(清水春日店

Caravan-J-CD+DVD.jpgCaravan-J-CD+DVD.jpg『Luck and Pluck』
RZCD-46321/B[CD+DVD] 
[CD] RZCD-46322
9/30発売

メロウ&スローな世界を独自のスパイスで表現するCaravan、約1年振りに待望のニュー・アルバムが完成。殆んどが自宅で録音されたナチュラルなサウンドで、余分なものはなく独特の空気を纏う。[CD+DVD]にはインタヴューとライヴ・セッション映像からなるドキュメンタリー・フィルムを収録。
※写真は左が[CD+DVD]、右が[CD]のジャケットです。
【2009/10/01 19:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
m-flo 『m-flo TRIBUTE 〜maison de m-flo〜』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


m-floの10年の歴史を完全網羅!
すべてのリスナーに感謝をこめた記念碑的ベストと
夢のトリビュート盤が一挙リリース!


m-flo-A_20091012130052.jpg デビュー以来、常に日本の音楽シーンに旋風を巻き起こし続けるm-floが、今年デビュー10周年を迎えた。
 アニヴァーサリー・イヤーとなる本年は10周年イヤーと銘打たれ、怒涛の企画ラッシュとなっている。
 史上初の「着うた10円配信」や、ベスト・アルバムのファン投票にも一役買っている「楽曲入りiPhoneアプリ」をリリース。
 さらに国立代々木体育館でのスペシャル・ライヴも決定している。

 盛り上がりを見せる10周年記念企画の一環として、若手実力派アーティストが一堂に集結したトリビュート・アルバムとオールタイム・ベストがリリースされる。

 トリビュート盤に収録されるのは10周年にちなんで10曲。
 代表曲である「come again」を青山テルマが、「miss you」をMay J.&JONTEのコラボでカヴァー。
 ブレイク中の西野カナは「Yours only,」でWISEをフィーチャリング。
 さらに姉である倖田來未がかつてLovesした「Simple & Lovely」に挑むmisono、デビュー曲「been so long」を歌うJEJUNG & YUCHUN (from 東方神起)、清水翔太がしっとりと歌い上げる「let go」など、クレジットを見るだけでワクワクしてしまう、聴き所満載の超スペシャルな内容となっている。

 続いてリリースされるベスト・アルバムは、LISA在籍時の3人編成時代の「TRIPOD DISC」と40組を超えるアーティストと驚異のコラボを展開した「LOVES DISC」の2枚組となっており、ファン投票上位となった「been so long」「come again」 「miss you」といった往年のキラー・チューンから、LISAを迎えて制作されたトータル6分を超える3部構成の壮大な10周年記念の新曲「SOUND BOY THRILLER feeeeeeeeeeat. LISA」まで、彼らの歴史を完全網羅した、ファンとともに作る記念碑的アルバムに仕上がっている。

 m-floの歴史を紐解くこの2枚のアルバム、ぜひセットで聴き比べてみてほしい。

Text by 矢部信之(市原白金通り店


『m-flo TRIBUTE 〜maison de m-flo〜』
m-flo-J-トリビュートCD
RZCD-46340
発売中
10周年を記念し、青山テルマ、西野カナといったm-floとリスペクトしあう新進気鋭の10人の若き才能が一堂に集結!倖田來未の楽曲をカヴァーするmisonoや清水翔太や東方神起の2人が女性ヴォーカル曲をどう歌うのかなど聴き所満載!
『MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-(エムエフテン)』
m-flo-J-ベスト[2CD+DVD]
RZCD-46385〜6/B
[2CD]
RZCD-46387〜8
10/7発売
デビュー以来、音楽シーンに旋風を巻き起こし続けてきたm-floの歴史をLISA在籍時とLoves時代の2枚のDISCで完全網羅!さらに[2CD+DVD]にはクリップとライヴ映像で彼らの歴史を綴ったMIX DVD付き。すべてのリスナーに感謝をこめた10周年記念盤。
【2009/10/01 18:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
Return of soundtracks #120
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


soundtracks.jpg


 中学生の頃、洋楽のヒット曲に目覚め、土曜の昼過ぎに放送されていた大橋巨泉の『ビート・ポップス』をよく観ていた。
 有名な「牛も知ってるカウシルズ」なんていうのもリアルに覚えていて、「雨に消えた初恋」は即買った。
 当時ゴー・ゴー・ガールの小山ルミはアイドル。ここでは音楽だけではなく映画情報も流していて、『俺たちに明日はない』やペキンパーの『ワイルド・バンチ』等の紹介を観た(ような)記憶がある。
 この頃、昼のテレビは頻繁に洋画を放映していて、ボブ・ホープ、ビング・クロスビーの珍道中シリーズや、暗い違和感のある一群の西部劇(サントラ必須アイテム…マカロニ・ウエスタンであったと後に知る)等、懐かしい思い出だ。
 その映画レヴューで観たと思われる『ワイルド・バンチ』の映像は特に衝撃的で、その頃テレビは白黒だったからやたらに飛び散る血潮が空中に舞う藁屑のように見えたのを、妙に生々しく覚えている。
 『俺たちに明日はない』の音楽は、軽快なバンジョーの名曲「フォギー・マウンテン・ブレイクダウン」と「ボニーとクライドのバラード」がヒットしてラジオや前述の『ビート・ポップス』でもよく流れていた。
 「ボニーとクライドのバラード」はちょっと口ずさんでしまう、耳あたりの良い曲だったが、小洒落た雰囲気があり中学生にはレコードはいらないなと思わせた。
 『俺たちに明日はない』は後年、名画座で観るが、「ボニーとクライドのバラード」は使われておらず、インスパイアだったと知る。
 歌手はあのジョージィ・フェイムでカヴァー・レコードも発売されていたようだ。

 アメリカン・ニュー・シネマの代表作、先駆的存在である『俺たちに明日はない』は、製作・主演をウォーレン・ビーティ(近年、発音に近いベイティと表記されているが、個人的には今さら言われてもね)が務め、『天国から来たチャンピオン』『草原の輝き』等でもキュートで好きなスターである。
 アメリカン・ニュー・シネマって要するにアンハッピー・エンドな映画であるから、『明日に向かって撃て』のストップ・モーションのエンディング(このあと蜂の巣状態の予感)、『俺たちに明日はない』の「死のダンス」と呼ばれた銃弾を全身に浴びるスロー・モーション撮影によるエンディング、そして『イージー・ライダー』もしかりで、そのあたりの観客に与えるインパクトこそが名作と言われる所以か。

 今回初CD化されたサントラはレコードと同内容で、ダイアローグを含む映画を回想するツールとしてお薦めします
 (不勉強でシャーリー・マクレーンがビーティの姉であることを知りませんでした。また『西の魔女が死んだ』のおばあちゃん、サチ・パーカーがマクレーンの娘だって知ってた?)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


俺たちに明日はないCD(輸入盤)
CCM-2030
発売中
ワーナー音源のリイシューをしているアメリカのCollectors' Choice Musicよりの発売。サントラでは他に『サボテン・ブラザース』『イーストウィックの魔女たち』等がある。本作はセリフ、効果音が多く、純粋に音楽としてより映画の補完として楽しむべし。
+ Return of soundtracks +


【2009/10/01 17:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
Catch Up! 『クローズZEROⅡ』
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>




ぜんぶ壊して、ゼロになれ!
完全オリジナル・ストーリーで贈る、映画作品第2弾が遂に登場!


Text by 宮城 宙(編集部)



クローズZEROⅡ場面写真1 これは、ただのヤンキー映画じゃねえ!
 熱い男達の生き様そのものだ!
 発行部数4,500万冊を突破、熱い支持を受け続ける伝説のコミック『クローズ』。
 その"エピソード・ゼロ"的な映画作品の第2弾が遂にリリース!
 筋金入りのワルどもが群雄割拠する"カラスの学校"こと鈴蘭男子高校。
 その乱立する勢力群を統一し、トップに立ったものは未だに居ない。
 統合目前だった"芹沢軍団"は、最強の転校生=滝谷源治率いる"GPS"に敗れ、その源治自身も、鈴蘭最強の男"リンダマン"に敗れていた…。
 ある日、最凶のライバル校である鳳仙学園からの刺客が現れ、固く守られていた"休戦協定"が破られてしまう…。
 源治は、鳳仙との全面抗争に備え、鈴蘭を一つにまとめようとするも、転校してきたばかりの源治に対する反発を抑えられず、苦悩する…。
 そこでとった源治の行動とは?
 そして、鳳仙との勝負の行方は…?

クローズZEROⅡ場面写真2 鈴蘭高校内で分裂する2大勢力のリーダーは、前作に引き続き小栗 旬と山田孝之。
 更に、ライバル校である鳳仙学園のリーダー=鳴海大我役に人気ロック・バンドRIZEの金子ノブアキ、原作でも登場する人気キャラ、美藤竜也役に三浦春馬を起用!
 今、最も旬な"ワルメン"達の暴れっぷりは圧巻!
 個人的にシビれたのは「負け犬には負け犬にしか出来ない生き方があるんだよ!」と叫ぶ、やべきょうすけ演じる鈴蘭OBの片桐 拳!
 嘘みたいに腕っ節の強いヤツらの中で最も等身大の役柄だった。
 無敵な男には憧れるが、魂を持った熱い負け犬もカッコいいではないか!

クローズZEROⅡ場面写真4
 最強の男達の生き様を見て胸を熱くするのもよし。
 "ワルメン"達のヴィジュアルに惚れ惚れするもよし。
 負け犬っぷりに共感するもよし。
 老若男女問わずに熱くなれる本作を見逃すな!





『クローズZEROⅡ プレミアム・エディション』
クローズZEROⅡ-JDVD(2枚組)
BIBJ-7771
10/2発売
伝説のコミックの映画化第2弾にして完結編!カラス達の熱い生き様を見逃すな!映画化にあたっての裏話も窺える「高橋ヒロシ×やべきょうすけ対談」や、オフシーンでの団結っぷりが垣間見ることができるメイキング映像などを収録した特典ディスク付き。スタンダード・エディションやBlu-ray版も同時発売。
【2009/10/01 16:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
Catch Up! 『ラスト・ブラッド』
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>
©2009, EAST Wing Holdings Corp. and SAJ. All Rights Reserved.


LB-LOGO黒-[更新済み]

セーター服に日本刀、おさげ髪の少女が斬って斬って斬りまくる!
人類の滅亡を阻止する壮絶なサヴァイヴァル・アクションここに誕生。


Text by 大野裕子(磐田南店)



場面写メイン-A

 1970年、先が見えない混迷の時代を迎えた日本。
 オニと呼ばれるヴァンパイア種族によって人類滅亡の危機が迫る中、ひとりの少女が忽然と現れる。
 少女の名はサヤ。
 オニと人間の混血である自らの宿命に苦しみながらも果たすべき目標は、
最強のオニ"オニゲン"を倒すこと。
 一人孤独に生きてきたサヤは初めて心を通わせた友人アリスを守りながら何百ものオニを斬り倒し続け、
遂にオニゲンに迫るサヤを待っていたのはさらに過酷な運命を知ることだった…。


場面写サブ-月-A場面写サブ-火-A


場面写サブ-木-A 原作は、2000年に劇場公開されたプロダクション I.G制作のフル・デジタル・アニメーション『BLOOD THE LAST VAMPIRE』。
 クエンティン・タランティーノ、ジェームズ・キャメロン等世界中の一流クリエイターたちから絶賛され、ハリウッドからの実写オファーが殺到したこの作品が『キス・オブ・ザ・ドラゴン』を送り出したフランス人監督、クリス・ナオンの手によって実写化が実現、最高のスタッフ、キャストで映画『ラスト・ブラッド』が完成した。
場面写サブ-水-A ヒロインのサヤには『猟奇的な彼女』などでおなじみ韓国のトップ女優、チョン・ジヒョン、サヤの宿敵オニゲンを妖艶に演じるのは『ラスト サムライ』でハリウッド・デビューも果たした小雪。
 日韓を代表するアジアン・ビューティが本格的アクションに挑戦し、クライマックスを飾る壮絶な闘いのシーンは息を呑むほど激しく美しい。
 アクション監督は、『リーサル・ウェポン』『レッドクリフ PartⅠ』などのアクションも担当したコーリー・ユン、サチの育ての親カトウ役には"和製ドラゴン"倉田保昭とアクション・ファンには感動のコラボレーションも実現。
 数少ないながらも倉田氏の芸術的なアクション・シーンも本作には欠かせないひとつになっています。




『ラスト・ブラッド スペシャル・エディション』
ラスト・ブラッドDVD
ACBF-10731
10/9発売
2000年に劇場公開されたフル・デジタル・アニメーション『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の世界観をそのままに、チョン・ジヒョン&小雪によって実写化されたサヴァイヴァル・アクション。日韓トップ女優の見せたことのない迫力の表情に誰もが釘付けに。
【2009/10/01 15:30】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
編集長のおすすめ #120
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


編集長のおすすめ!
今回のこのコーナーでは、最近リリースの新作や再発盤から10タイトルをご紹介します。
 新作では待望のムーンライダーズのニュー・アルバム『Tokyo7』をはじめ、4年ぶりの新録アルバムとなるハセガワ ミヤコの『夜』、そして黒沢健一のライヴDVDや森川アキコなど盛りだくさん。
 遠藤賢司の40周年記念アルバムも注目です!
 是非すみや各店の店頭でチェックしてみて下さい。
 在庫していない商品はお取り寄せ致しますので、お気軽にスタッフまでどうぞ。


ムーンライダーズ
『Tokyo7』
moonriders_Tokyo7.jpgCD
XPCA-1010
発売中
このところかなりのハイ・ペースでライヴ、そしてリリースが続いているムーンライダーズ。『Here we go'round the disc』や鈴木慶一の大充実のソロ・アルバム『シーシック・セイラーズ登場!』の発表でも驚いたが、それらに続いて遂に3年ぶりとなるニュー・アルバム『Tokyo7』まで完成させてしまった。極めてシンプルに「東京」をキーワードに制作されたこのアルバム、1曲目の「タブラ・ラサ〜When rock was young〜」からライダーズらしさ全開!独特のミクスチャー感覚が生かされたサウンドと言葉選びの感覚は、どう逆立ちしても他のバンドには真似できない。白井良明作によるM-4「笑門来福?」はまさに『青空百景』の「トンピクレンッ子」を想起させるし、岡田徹の作によるM-9「夕暮れのUFO、明け方のJET、真昼のバタフライ」はUKギター・ポップで育った僕らの世代には堪らない1曲。これぞライダーズの面目躍如な1枚だ。
ハセガワ ミヤコ
『夜』
ハセガワ_ミヤコCD
DQC-314
発売中
つい最近、念願だったという自身のレーベル「都音-miyakonote-」を設立し、その第1弾としてリリースされた待望のフル・アルバム(通算4枚目)。前作からは約4年という時間が経過しているが、本作は全編を沖縄でレコーディングした充実の1枚だ。バンド編成のナンバーでは、リラックスしたメロディの表面を滑るように無理なく流れる特徴ある歌声(…時に強く、時に浮遊感溢れる)は以前にも増して表情豊かになり、バックのアコースティック感覚溢れる楽器編成との相性も良い。全14曲、70分近くの収録というヴォリュームながら、全編を無理なく通して聴けるのは、やはり気心の知れたミュージシャンとの共同作業が目指す最良の方向へとむかって完成した、その証か。曲調はポップなものからオーガニックなものまで、アレンジも含めて様々だが、その底辺には共通するたおやかな空気感が常に流れている。何度もリピートしたくなる名盤だ。
続きを読む
【2009/10/01 15:10】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
Catch Up! 『フィッシュストーリー』
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>
©2009「フィッシュストーリー」製作委員会


FISH STORY

『アヒルと鴨のコインロッカー』から3年。
原作・伊坂幸太郎&監督・中村義洋の黄金コンビ再結集!
パンクが時空を超え、地球を救う!?



フィッシュストーリー場面1975年 パンクの先駆者"セックス・ピストルズ"デビューの1年前、早すぎたパンク・バンド"逆鱗"が、世間に認められないまま解散へ。「FISH STORY」という1分間の無音部分がある曲を残し…。

1982年「FISH STORY」の無音の間奏部分に「女性の悲鳴が聞こえる」という噂を聞いた気の弱い大学生。彼はその夜「いつか世界を救う。今夜運命の出会いがある」と予言される。

1999年 恐怖の大王が襲来する「ノストラダムスの大予言」の年。

2009年 「正義の味方になりたかった」コックと女子高生がフェリーで出会う。その直後、2人はシージャックに巻き込まれる。

2012年 地球滅亡の年。

フィッシュストーリー場面eps 「FISH STORY」という曲が、このバラバラな出来事がどう繋がっていくのか!?
 目が離せないスピード感!
 それぞれのストーリーの出演者も豪華。
 イケメン俳優たちとは一味違う若手個性派俳優が勢ぞろい。
 パンク・バンドのメンバーを演じ、迫力ある演奏シーンを披露した伊藤淳史、高良健吾。
 お互い違った優しさを見せた友情にホロリとさせられます。
 そして、スマートにアクション・シーンをこなす森山未來。
 更に、伊坂&中村コンビの前回作品『アヒルと鴨のコインロッカー』にも出演した濱田 岳と田村圭生。
 違う時代で2役を演じた大森南朋の頼れるアニキ分はハマリ役!
 そして、多部未華子が作品にほんわかした空気を加えてくれます。

 音楽プロデュースは斉藤和義。
 テーマ曲「FISH STORY」も映画と共に忘れられない1曲となるはず。

 売れないパンク・バンドが最後に放った曲が、時空を超え、めぐりめぐって奇跡を起こす!?
 時代も場所も環境もバラバラな全てが繋がった時、爽快なラスト・シーンを迎えることができる大胆なストーリー。


『フィッシュストーリー』
フィッシュストーリー-JDVD(2枚組)
ASBY-4449
発売中
伊坂幸太郎の原作に斉藤和義が音楽プロデュースで味付け。痛快×爽快ストーリーが誕生!1975年、売れないパンク・バンドが放った1曲が、時空を超え、地球を救う!?劇中のバンド"逆鱗"のライヴ映像や、メイキングその他を収録した特典ディスク付きの2枚組。


【2009/10/01 15:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
come to my shop, please!! ウチヘオイデヨ!! Vol.8 東越谷店
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


ウチヘオイデヨ!!


Vol.8 東越谷店
店長
市村高歩
takayuki ichimura



予約コーナー  V-ROCKコーナー
アニメのCD、DVDのご予約承ります!        新作情報もあります。V-ROCKコーナー!

DVDコーナー 開店は昭和62年と社内では古参の店舗に属する当店は、本拠地の静岡から遠く離れ、系列店の路面店としては最北に位置し、現在は埼玉県内で唯一の店舗となっており、さながらすみやの真田丸かサイド3かといったポジションで日々営業させて頂いております。
 新作、話題作の見つけやすい陳列、品揃えを行うと共に、これから発売される商品の情報掲示板も随時更新し、ご近所の皆様の情報源となれるよう心掛けています。
 また全社的な企画コーナーに加え、スタッフによる手作りのコーナーもありますのでぜひご覧下さい!
ハロプロコーナー その中でもまず見て頂きたいのは、アイドル・コーナーです。
 ハロプロ系のアイドルに関しては社内で随一の知識を誇るスタッフによる入魂の品揃えは大型店舗に決して負けない充実したものです!
 私の担当するハード・ロック・コーナーも常設しており、カタログ商品は若干アラフォー寄りの品揃えですが、勿論話題の新作も試聴機を併設し展開しています!
 V-ROCKコーナーも拡大!新作の情報ボードもJ-POPとは別に作成しご好評を頂いております。
 アニメDVD、CDの新作告知も当店スタッフが独自に作成!
 話題の新作に加え当店スタッフの趣味が加わったラインナップの新作情報を作成し、大変多くのご予約を頂いております。

 北関東へお越しの際には、当店へ是非お立ち寄りください。スタッフ一同お待ちしております。


店舗スタッフ
上:
価格に自信ありのDVDプレーヤーも大量在庫。
下:
おなじみハロプロ新聞!ぜひお持ち帰りください!

(集合写真)当店スタッフです。(左から)期待の新人、副店長、店長、当店の顔にして指名No.1のヴェテランDVD担当を中心に皆様のご来店をお待ちしています。


■東越谷店からのお知らせ
商品のご予約でT-POINT 2倍に加え、当店の独自企画として、
話題の新作CD(タイトル限定)をご予約の方に200円割引チケットをプレゼント!
お得なご予約を是非ご利用ください!



市村高歩のMy Best Choice!!


モトリー・クルー
『ドクター・フィールグッド』
モトリー・クルー-JCD(2枚組)
UICY-94254〜5
発売中
かつて私が茨城県に赴任中「今日は残業が避けられない!」とわかっている日の通勤の車で気合を入れるためによくM-⑤をかけていたという思い出の1枚。「ハード・ロックはあんまり…」という方にこそ試しに是非聴いて欲しい作品。ひたすら楽しく、格好良く、親しみ易いメロディー満載の名盤です!

※これは紙ジャケ仕様のデラックス・エディションです。通常盤(UICY-6491/\1,680 [税込])も発売中。


東越谷店
【2009/10/01 14:00】 | ウチヘオイデヨ!! | page top↑
Fun Fun Fun File 01 『お部屋で感じる宇宙ロマン。』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


地球



『アポロ13』
アポロ13-JDVD
GNBF-1508
発売中
アポロ11号から16号までの月面着陸探査船計画のうち、ただ1機、月に足を踏み入れることができなかったアポロ13号。しかし、事故を乗り越えての地球帰還は後の宇宙開発にも大きな影響を与えたという。そこで起きた人間ドラマをロン・ハワード監督が描いた1995年の映画。当時のヴェテラン宇宙飛行士も特別出演。


『ザ・ムーン スペシャル・エディション』
ザ・ムーン-JDVD
ACBF-10683
発売中

ぼくらが生まれくる ずっとずっと前には…って歌っていたバンドがいたけれど。正確には今年で月面着陸からちょうど40年が経った。記念すべきこの年NASAで保存されていた貴重な資料と宇宙飛行士の証言をもとに、『アポロ13』の監督も共に制作した本作。人類の月面における貴重な一歩を描いた大迫力の2007年映画。
©Dox Productions Limited 2007. All rights reserved
『2001年宇宙の旅』
2001年宇宙の旅-J[DVD]WBC-65539
[Blu-ray]WBA-79838
発売中
2001年って今やすでに過去だけど、40年前は人類はこんな未来を予想していたのかな?1968年に公開された映画でありながら、今もSF映画の最高峰と言われる傑作。人間vsコンピューターの闘いを迫力の映像と音楽で描いてアカデミー賞を受賞。人類の未知への探求の旅はまだまだ続きそう。Blu-ray版には特典映像を収録。
TM&© Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『ハッブル宇宙望遠鏡が見た宇宙』
ハッブル宇宙望遠鏡-JDVD
TNA-4
発売中
世界初の宇宙に浮かぶ天文台"ハッブル宇宙望遠鏡"。地球上空600キロ、空気の影響を受けないその場所は、地球上ではありえないくらい星々を鮮明に映し出す。まるで生物のような星の生死やはるか230万光年も離れた銀河の映像も見られるのだから、この時代に生まれて幸せ。音声切り替え機能付きなので、解説なしでBGVとしても楽しめる。

『四季の星座
     夜空を彩る星空の散歩』
四季の星座-JDVD
TNA-16
発売中
おとめ座とかおうし座とか…知ってはいるけど、実際に夜空で見つけるのは難しい。そんな時には本作を。太古の昔から人々の生活と深く関わり、様々な空想や信仰の対象になってきた四季折々の星座を、最新科学によって捉えられた美しい映像と共に紹介。覚えた知識を仲間に自慢すれば、ちょっとした天文通?
ボストン
『幻想飛行』
ボストン-JCD
MHCP-1331
発売中
エレクトリック・ライト・オーケストラ、ジャーニー、そしてボストンとロック・スペースシップな3グループ。とりわけ、ボストンの本デビュー作は、超広大な宇宙の海をハード・ライディングするようなサウンドが圧巻!そして「宇宙の彼方へ」は、スペーシー・サウンド人気の1曲。本作は1976年の作品、12Pブックレット封入。
続きを読む
【2009/10/01 13:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
SUMIYA'S STANDARD Vol.9 1/2
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


SUMIYA'S STANDARDとは…? 「歌は世に連れ、世は歌に連れ」ということばがあるが、音楽はいつの時代でも、人それぞれのBGMとして「思い出」の中から聴こえてくる。子供の頃は初めて家に届いたテレビの中で動く歌手の姿と重なり、青春時代にはメッセージが織り込まれたフォークだったりしたものだ。ある人にとっての初恋の歌が、ある人にとっては失恋の歌であったり、音楽は人それぞれの記憶の中で幾色にも変化していく。
 そんな時間を切り取ってみたり、あるいは積み残された何かをあらためて探したり、その背景にふさわしいと思われる「名曲」「名盤」「定盤」を自由自在に切り取ったのが、このSUMIYA'S STANDARD。ここに掲載したのはほんの一部。ここに載せきれない様々な音楽たちがお店で待っています。
 僕はこう思う、私はこう思う、とこれを読まれた皆さんが「音楽」への思いを甦らせて下されば嬉しいのですが…。そんな事を願って。


SUMIYAS-STANDARD横打ちロゴ Vol.9

■今回のテーマ:デビュー40周年記念!細野晴臣ワークス

 今年…2009年は、細野晴臣にとってプロ・デビュー40周年という記念すべき年です。
 その原点は、1969年にリリースされたアルバム『エイプリル・フール』でしたが、間もなくバンドは解散し、その後はっぴいえんど~キャラメル・ママ~ティン・パン・アレーを経てYMOを結成し、世界に衝撃を与えました。
 また現在まで続く絶え間ない作品リリースと、多くのアーティストとのコラボ、さらに曲提供やプロデュースなど、その旺盛な活動意欲は現在もなお失われていません。
 そこで今回は、彼が関わってきた作品の中から代表作をセレクトしてみました。
 入門編としてもお薦めのアイテムばかりです。


構成:土橋一夫(Groovin’編集部)
Text by 鷲尾 剛(静岡本店)/山田郁美(静岡本店サウンド・キッチン)/常盤安信/土橋一夫(Groovin’編集部)


エイプリル・フール
『エイプリル・フール』



CD/COCP-51051/発売中
エイプリル・フール本作の発表から数えて、今年(2009年)は記念すべき40周年。そしてそれは細野晴臣や松本隆にとってもデビュー40周年を意味する。元フローラルの小坂忠、菊池英二、柳田博義(ヒロ)に、細野、松本を加えたエイプリル・フールは、本作発売直後に解散。本作で既に松本隆は日本語のロックに挑戦している点も見逃せない。紙ジャケ仕様。(土橋)
遠藤賢司
『niyago』



CD/PCCA-50058/発売中
niyago.jpgアコギとヴォーカル。そのシンプルな素材をフィーチャーした「不滅の男」エンケン・ワールドは、宇宙の如く無限大!ケルトやインド音楽、クラシックなど様々な音楽から影響を受けたダイナミックなギタ−・プレイが絶品。聴けば聴くほどハマる「するめ系」アシッド・フォーク。デビュー直前のはっぴいえんども参加。(山田)
高田 渡
『ごあいさつ』



CD/KICS-8810/発売中
ごあいさつ高田 渡の作品中、もっとも親しみやすい1枚であり、1970年代を代表する名盤だ。とつとつと語りかけるように歌い紡ぐ高田 渡ならではの世界に、ぐいぐいと引き込まれること請け合い。今日は聴き終えたら「自転車にのって」買物に行こうかな。今さらながらに高田 渡を失ったことが残念でならない、嗚呼。(鷲尾)
※紙ジャケット仕様(富士/FJSP-3/\2,300 [税込])も発売中。
はっぴいえんど
『風街ろまん』



CD/PCCA-50022/発売中
風街ろまん1960年代末に出会った奇跡のミュージシャン4人が生み出した、日本語ロックの草分け的名盤…とか、そんな説明は後回し!無条件に気持ちよくなれる爽やかでカラッと乾いたサウンドと、遊び心のある歌詞からは当時彼らが感じていた「風街」の匂いや空気感がじんわり伝わってくるよう。「風をあつめて」収録。(山田)


金延幸子
『み空』



CD/PCCA-50025/発売中
み空"日本のジョニ・ミッチェル"と形容されるシンガー・ソングライターの、細野晴臣プロデュースによる1stアルバム(1972年作)。はっぴいえんど人脈が数曲でバックアップしているが、基本的には彼女のアコギと透明感があり温かみを感じさせるヴォーカルの弾き語りによるフォーキーな傑作アルバム。「時にまかせて」「あなたから遠くへ」は特に必聴。(常盤)
細野晴臣
『HOSONO HOUSE』



CD/KICS-1138/発売中
HOSONO-HOUSE.jpgプライヴェート・レコーディングを、そのまま刻んだかの様な仕上がりに1970年代前半の日本風景が重なり、欧米産のロックとは異なる手触りの音が聴こえ来る。はたして僕(ら)は何処へ向かおうとしているのかと、「恋は桃色」を聴くたびに感じたりする。しかし、この切なさはいったい何なのだろう。名盤。(鷲尾)

続きを読む
【2009/10/01 12:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
ザ・ビートルズ 『ザ・ビートルズ BOX』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


今もなお人々を魅了してやまないビートルズ。
彼等だけは「特別」であるという事の確かな証明。
それがこのリマスター盤である。


P33ビートルズ-A差し替え


 「ついに来た」…老若男女を問わず、全世界のビートルズ・ファンがそう思ったのではあるまいか。
 1987年の初CD化から20年以上が経過した今年、ついにリマスター盤の登場である。
 思い起こせば10年前、収録曲をリミックス&デジタル・リマスタリングした『イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜』が発売されたことにより、アップルの徹底管理による「ビートルズの音の一元化政策」が転機を迎えたのは画期的なことだった。

 だがここからが長かったのだ。
 『レット・イット・ビー…ネイキッド』のようなスピンオフ的な作品の発表はあったものの、本丸についてはまったく進展がなくファンは悶々とした日々を送るしかなかった。
 しかし満を持してのオリジナル・アルバム・リマスター盤の登場である。
 期待は否が応にも高まってしまう。

 アナログ盤の時代から彼等の音楽を聴きまくって、モノラル盤とステレオ盤のテイクの違いにドキドキしたり、強引な擬似ステレオに呆然としたり、巧妙にツギハギされたテープの継ぎ目を発見しては嬉しがってしまった等々の経験をお持ちのヴェテラン勢はもちろん、今回同様大きな話題となったために「初めてのビートルズ」として『アンソロジー』に接してしまい、残念ながらその意味合いを理解できずにビートルズから離れてしまったという世代の方々にも迷うことなく聴いてもらいたい、最新技術で蘇るオリジナル・アルバム全14作品である。

 もちろん多くのファンの興味は「どんな音になったのか?」ということだろう。
 この原稿を書いている時点では数曲を試聴しただけであり、その全貌について言及することはできない。
 ただ相手はビートルズ。
 そこは制作サイドもリマスターにあたって、相当の配慮をしつつ作業を進めたようだ。
 プレス発表によれば問題となるサウンドの修復についても、「クリック音、ヴォーカルの破裂音、適度の歯擦音、不手際な編集などは、曲本来のイメージを損なわないかぎりにおいて修復」、また「リマスターの際に多用されるノイズ除去技術も、必要な場合に限り用いる」とし、今回の作業においてこの技術が適用されたのは「5分以下に過ぎない」等々。
 要は最新の技術とマッチ・アップさせながらも、いかにオリジナル・マスター・テープに刻まれた音を忠実に「今の音」として甦らせるかということがテーマであり、初CD化以来手付かずのままだった「聖典」を新たな形で世に問うにあたってプロジェクト・チームが基本に据えたこの姿勢は紛れもなく正しい。

 ただし何度も言うが、相手はビートルズ。
 発売後に多様な意見が渦巻くことは間違いない。
 今回一部の曲を試聴させて頂き、例えば元々空間処理が効いている「タックスマン」はそれぞれの楽器の立ち上がりがより生々しくなった印象を持ったし、「サムシング」のストリングスのクリア感は曲に新しい光を与えるものだった。
 しかし100人いれば100通りの答えが出るのがビートルズ。
 それを確かめるのは、今号が出る頃にはすでにCDを入手されているはずの皆さんひとりひとりなのだ。
 ぜひ21世紀に蘇ったビートルズを、全身全霊で体験して頂きたい。
 そこには新たな感動が確実にあるはずだから。

Text by 植木一成


■ビートルズの各アルバム、新装リマスター盤で発売中!
『プリーズ・プリーズ・ミー』から『レット・イット・ビー』までのオリジナル・アルバム、及び『パスト・マスターズ』が、ニュー・リマスターで単品でもリイシューされ、好評発売中です。世界を変えたザ・ビートルズの作品を、最新デジタル・リマスタリング・サウンドでお楽しみ下さい。

●アルバム14タイトル:共通仕様
初回特典:ミニ・ドキュメンタリー(CDエキストラ仕様/それぞれのアルバムにまつわるレア映像、未発表映像、スタジオでの会話等から構成された5分間の映像)付/スペシャル・パッケージ/歌詞・対訳、英国ライナーノーツ翻訳、日本オリジナル解説付き
※『パスト・マスターズ』を除く



『ザ・ビートルズ BOX』
STEREO_BOX-J.jpgCD(16枚組)+DVD
TOCP-71021〜36
発売中
『プリーズ・プリーズ・ミー』から『ビートルズ・フォー・セール』までの初ステレオCD化が売りだが、元々モノラルしかないとされる楽曲が、どのような音像に仕上げられたのかにも注目。『ヘルプ!』『ラバー・ソウル』は1987年に初CD化された際のミックスで収録。ミニ・ドキュメンタリーを1枚にまとめたDVD付き。
『ザ・ビートルズ MONO BOX』
MONO_BOX-J.jpgCD(13枚組)
TOCP-71041〜53
発売中
モノ・ヴァージョン初CD化となる『ヘルプ!』から『ザ・ビートルズ』までの6作に加え、こちらの『ヘルプ!』『ラバー・ソウル』には未CD化だった1965年版のオリジナル・ステレオ・ミックスを追加収録。分売なしのBOXのみで初回生産限定発売、日本制作による紙ジャケットを収録。


※『プリーズ・プリーズ・ミー』『レット・イット・ビー』などアルバム14タイトル
(単品/最新リマスター盤)も好評発売中!
【2009/10/01 04:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
デッド・バイ・サンライズ 『アウト・オブ・アッシュズ』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


リンキン・パークのフロントマン、
チェスター・ベニントンのソロ・プロジェクトが作品を発表。
全世界が待ちわびた、その内容とは。


デッド・バイ・サンライズ-A 言わずと知れたモンスター・バンド=リンキン・パーク。
 そのヴォーカリスト、チェスター・ベニントンのソロ・プロジェクト=デッド・バイ・サンライズの作品が遂にリリースされる。
タイトルは『アウト・オブ・アッシュズ』。
 このプロジェクトの発端は、映画『アンダーワールド2 エボリューション』に提供した曲である「モーニング・アフター」。
 "チェスター・ベニントン vs ジュリアンK"名義で、そのサントラにも収録されているのだが、今回はそのジュリアンKからアミア・デラクとライアン・シャックがオリジナル・メンバーとして参加している。
 リンキン・パークの2007年作品『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』のレコーディング開始前から制作が始まったという本作。
 チェスター曰く「何曲かいい曲が出来たと思ったんだけど、それらは俺がバンドのために書くどの曲よりも暗くてムーディーだった。
 だからリンキン・パークに手渡してリンキン・パーク的な曲に変貌させるのではなく、自分で自分の曲として手掛けることにきめたんだ」とのこと。
 たしかにリンキンの楽曲群に比べるとヒップ・ホップ色が影を潜め、よりストレートなロック・サウンドに仕上がっている。
 例えば「クロール・バック・イン」では、ダイナミックなギターと、憂いを帯びたエモーショナルな歌声が印象的だし、「レット・ダウン」では、そのヴォーカリゼーションが穏やかで叙情的。
 映画『TAJOMARU』の挿入歌でもある「ファイアー」では、"夜明け"や"希望"さえ感じさせられるサウンドだ。チェスターの音的嗜好がより明確に感じられる内容になっている。
 歌詞の内容は「これまでのどの曲よりもダークで、セクシーで個人的な内容」に仕上がっているとのこと。
 英語詞が聴き取れない私には、本稿執筆時点で歌詞の内容を確認出来ていないのが口惜しい。
 発売日に歌詞カード及び対訳を手に入れ、チェスターのパーソナルな世界に浸ることにしよう。

Text by 宮城 宙(Groovin’編集部)


デッド・バイ・サンライズ-J『アウト・オブ・アッシュズ』 WPCR-13627 9/30発売
チェスター・ベニントンのソロ・プロジェクトの1stアルバムは、リンキン・パークで見せるミクスチャー的要素を減らし、よりロック色を全面に押し出したサウンドに。日本盤のみ「モーニング・アフター」をボーナス・トラックとして収録。初回盤にはアルバム・ジャケット・ステッカーと特製Tシャツプレゼント応募券を封入。


TAJOMARU-logo.jpg
©2009「TAJOMARU」製作委員会

デッド・バイ・サンライズが楽曲提供する話題作!
ロックな男、多襄丸の生き様を目撃せよ!


全国公開中 ■監督:中野裕之 ■出演:小栗 旬 他 ■2009年 日本/配給:ワーナー・ブラザース映画


続きを読む
【2009/10/01 02:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
バックストリート・ボーイズ 『ディス・イズ・アス』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


バックストリート・ボーイズ×Red One!
2年ぶりの新作には、最新エレクトロ・サウンドをチョイス。


バック・ストリート・ボーイ


 2年ぶりにバックストリート・ボーイズ(以下、BSB)が新作を出す、イコール、日本の音楽シーンが再び盛り上がることを否応なく期待してしまう。
 ここ日本の音楽番組に海外のアーティストが出演するというのは、全体の比率としてまだまだ少ない方だと思うのだが、BSBに至ってはリリース・タイミングにおいてかなり積極的に来日し、お茶の間に登場するアーティストのひとつだ。
 普段は洋楽を聴かないという嗜好の人でも、BSBなら聴く、なんてこともあるだろう。
 音楽的な間口の広さ、エンターテイナーとしての4人の魅力、いずれもが日本のみならず、世界各国にファンが存在する理由だろう。

 そんな、BSBが9月30日に7枚目のオリジナル・アルバム『ディス・イズ・アス』を日本先行でリリースする。
 今作のリード・シングル「ストリート・スルー・マイ・ハート」は、現在、急速に高まりつつあるエレクトロ・サウンドのムーヴメントの中でも最も有力な新人、レディー・ガガの「ジャスト・ダンス feat. コルビー・オドニス」を手掛けたRed Oneによるものだ。
 印象的なシンセ・サウンドに伸びやかなヴォーカルが加わり、サビにかけて爆発的に広がるキャッチーなメロディ、多重構造のコーラス。
 世界的な流行にも敏感に反応した最新サウンドとBSBの出会いは、最高のポップ・ソングを生み出した。
 いち早く公開されたPVではアンダーグラウンドな空間で踊り歌うメンバーの様子を見ることができ、この今風ダンス・サウンドにメンバーもばっちりハマっている模様だ。

 もちろん今作にもBSBサウンドには必要不可欠なマックス・マーティンをはじめ、強力なヒット・メイカーが顔を揃えている。
 ケリー・クラークソン、ブリトニー・スピアーズらを手がけたクロード・ケリーや、アッシャーやホイットニー・ヒューストンのソウルショック&カーリン、ビヨンセのジム・ジョンソン、そしてT-Painまでもが集結。
 HIP HOP/R&B系のプロデューサーの参加は彼らのルーツにも繋がるし、まさに"ディス・イズ・アス"な作品といえるのかもしれない。

 本作をひっさげて2010年にかけては大規模な世界ツアーを行う予定だというバックストリート・ボーイズ。
 日本のファンからの熱いラヴ・コールに応えて、きっと近いうちにまた彼らは日本の私たちの前にも姿を現してくれるだろう。

Text by 秦 理絵(Groovin’編集部)


バックストリート・ボーイズ-『ディス・イズ・アス』 [初回生産限定盤]DVD付 BVCP-40098〜9 9/30発売
2年ぶり通算7枚目のニュー・アルバム!レディー・ガガの全米No.1シングル「ジャスト・ダンス」を手がけたRed Oneによる「ストレート・スルー・マイ・ハート」を収録。初回生産限定盤には10年ぶりのライヴ映像の商品化となるDVD付き。ボーナス・トラック2曲収録、両仕様の初回プレス分のみ特典&連動応募券封入。
[通常盤] BVCP-40100
続きを読む
【2009/10/01 01:00】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
マライア・キャリー 『メモワール』
<初出「Groovin'」2009.09-10/ISSUE#120>


もう誰にもマライア・キャリーを止めることはできない!
最新アルバム『メモワール』で歴史に新たな一歩が刻まれる。


マライア・キャリー-A 歌詞に強いイニシアティヴを持つ応援歌であるとか、背中を押すようなメッセージが込められているとか、そういう理屈や言葉は関係なく、ただそこにあるだけで喜びを感じてしまう歌声がある。
 人が響かせることを許された声の音域、その限界まで達する今世紀最大のディーヴァ、マライア・キャリーの歌声だ。
 あらゆる情報が瞬時に世界へと伝わる利便性は、前作『E=MC2 』のわずか半年後にはすでにこの新作制作の報を私たちに届けてくれたが、幾度かの発売延期を経て(もちろん、原因はより良い作品を届けてくれるための準備期間が予想よりかかったということだろう)、9月30日に発売される可能性が濃厚になってきた。

 今作の収録曲の中で真っ先に聴くことができた楽曲のタイトルは「オブセスト」。
 マライア自身、「本当に一番のお気に入りの曲よ。この曲に完全にはまってるわ。みんなが聴いてくれるのが待ちきれないわ」とコメントを寄せている。
 日本でも7月にはラジオにてO.A.が開始されたわけだが、ここ数年のマライア作品に多く見られるしっとりとした抑えめのR&Bチューンで、ザ・ドリームとトリッキー・スチュワート、そしてマライアの共同プロデュースによる作品だ。
 比較的淡々としたビートにのってラストに向かって低音から高音へ徐々に駆け上がるマライアのヴォーカルは圧巻!
 また、PVも前作のファースト・シングル「タッチ・マイ・ボディ」にも匹敵するセクシーな姿や、だぶだぶのパーカーとホテルマンの制服に身を包んだ男装姿で大きな話題となっている。
 アルバムには他にもアメリカのロック・バンド、フォリナーが1984年にヒットを記録したバラード・ナンバー「アイ・ウォント・トゥ・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」のカヴァーも収録されている。

 以上の曲を除いて、まだアルバムの全貌を今現在では知ることはできないのだが、勢いにのっている今のマライアならば、また期待以上に素晴らしい作品を私たちに届けてくれることだろう。
 発売を楽しみに待ちたい。

Text by 秦 理絵(Groovin’編集部)


マライア・キャリー-J『メモワール』 [初回生産限定盤] UICL-9079 9/30発売
12thアルバム。リード・シングル「オブセスト」は絶品のヴォーカルとR&Bの美しさを感じられるナンバーで、妄想にとりつかれたストーカー男を歌った強烈な歌詞!初回生産限定盤はソフトパック仕様、直輸入エルUS版特製ブックレット封入。
[通常盤] UICL-1091

続きを読む
【2009/10/01 00:10】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
マドンナ
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>


QUEEN OF POP、マドンナの25年に亘るキャリアを集約!
初のオールタイム・ベスト・アルバム、遂にリリース!!


マドンナ-A仮

 37曲が全米TOP10入りを果たすという記録を打ち立て、7枚のアルバム(近作4枚を含む)でビルボード・ポップ・チャートNo.1を記録したマドンナが、『セレブレイション〜マドンナ・オールタイム・ベスト』をリリース!
 収録される楽曲はマドンナと彼女のファンによって選ばれ、リマスターされた音源であり、「エヴリバディ」「エクスプレス・ユアセルフ」から「ヴォーグ」「フォー・ミニッツ」に至るまで、マテリアル・ガールとして知られる彼女のキャリアの素晴らしいヒット曲を網羅。
 彼女の音楽的功績を"セレブレイト"(祝福)する内容になっていると共に、最近ニューヨークでレコーディングされた2曲の新曲も収録された。

 マドンナは1983年にデビューし、1984年の大ヒット・シングル「ライク・ア・ヴァージン」で世界的にブレイク。
 以降、続々とヒット作品を生み出し、音楽以外にもヌード写真集や、映画『エビータ』への出演、絵本の執筆など、多岐に亘る活動を続けてきた。
 ここ最近は様々なチャリティ活動にも非常に熱心である。
 さらには、過激な言動で常にメディアを扇動し続けてきたNo.1女性エンターテイナーであり、マイケル・ジャクソンのKING OF POPという称号に対しQUEEN OF POPと称される。
 25年に亘る素晴らしいキャリアと数々のヒット曲を持つ彼女だけに、本当に多くの人々が彼女の音楽を耳にし、影響を受けたことだろう。
 私が影響を受けた2006年リリースの『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』はダンス・チューンを全編にフィーチャーした、ウルトラ・ポップ・アルバム。
 全世界で1,000万枚以上の売り上げを記録。日本でも70万枚を超える大ヒットとなり、13年振りの来日公演も行った。
 このアルバムに収録されているメガ・ヒット・シングル「ハング・アップ」がきっかけでマドンナに魅了された私は、13年振りの来日公演にも足を運んだが、ヒット曲が満載で、豪華なセットとそれに負けない彼女の素晴らしいパフォーマンスと彼女のパワーを存分に感じられるステージだった。
 本作で彼女の魅力を再確認・再発見しつつ、時代と共に進化し続ける彼女にますます期待は高まるばかり!
 これからも彼女は新たなファンを増やし続け、多くの人々を魅了し、新たな伝説を創り出していくだろう。

Text by 柿塚友紀(宇都宮FKDインターパーク店



『セレブレイション〜マドンナ・オールタイム・ベスト』
マドンナ-J[2CD]WPCR-13680〜1
[CD] WPCR-13679
9/30発売
マドンナ、究極のコンピレーション。マドンナと彼女のファンによって選ばれ、リマスターされた「ライク・ア・ヴァージン」「エクスプレス・ユアセルフ」から「ヴォーグ」「フォー・ミニッツ」に至るまで、ヒット曲を網羅!さらに、注目すべき2曲の新曲([CD]には1曲のみ)も収録。

『セレブレイション〜マドンナ・オールタイム・ベストDVD』
マドンナDVD-JDVD(2枚組)
WPBR-90698〜9
9/30発売
ファン垂涎!全47曲をDVD2枚に分けて収録。「ジャスティファイ・マイ・ラヴ」の未修正ヴァージョンや、未公開映像の他、「イントゥ・ザ・グルーヴ」「ギヴ・イット・トゥ・ミー」、最新シングル「セレブレイション」等の日本初DVD化作品24曲を収録。
続きを読む
【2009/10/01 00:01】 | ISSUE#120 09.09-10 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。