FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Groovin’ブログ更新停止のお知らせ
2010年3月31日をもちまして、Groovin’ブログは更新を停止させて頂きます。

バックナンバーの発送も、同日をもちまして終了致します。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
【2010/03/31 11:48】 | お知らせ | page top↑
Groovin’ブログの歩き方
◎カテゴリについて

過去5冊分まではISSUEごとカテゴリを作成しておりますので、
お好きな号をご覧いただけます。
また、サブコンテンツは、サブコンテンツごとカテゴリがございます。
お好きなコンテンツを選んでご覧下さい。


◎過去ログについて

カテゴリ『過去ログ』のなかには、過去5冊以前の記事が入っています。
掲載記事はすべて『発行月の翌月月初』に記事更新日を統一しておりますので、
月別アーカイブをお使いいただければそのISSUEの記事を効率よくご覧いただけます。

<例>

ISSUE100/2008.01-02内記事 → 月別アーカイブ 2008年2月
ISSUE101/2008.02-03内記事 → 月別アーカイブ 2008年3月

また、インタビュー記事は随時更新のため、そのISSUE内の記事ではない場合がございます。
あらかじめご了承ください。
掲載ISSUEは記事最上部でご確認いただけます。


◎最後に

こちらのブログでGroovin’に興味を持っていただけたら、
是非店頭配布の最新版Groovin’を手にとってみてください。

Groovin’は、すみや各店の店頭に設置しております。

また、過去の記事を紙面で読みたい、ブログに掲載している以外の情報が知りたい、
という方は、バックナンバーの取り寄せも行っておりますので、ご利用下さい。

→<クリック!>『Groovin'』のお取り寄せについて

【2010/03/29 11:38】 | お知らせ | page top↑
水樹奈々 『NANA MIZUKI LIVE DIAMOND×FEVER』
<初出「Groovin'」2009.12-01/ISSUE#123>


声優初のアルバム・チャート1位という快挙に続き、紅白出場も決定した
水樹奈々の西武ドーム&武道館公演がBlu-rayとDVDで登場!




水樹奈々-A 「何が飛び出すのかわからないのが水樹奈々」—。
 7thアルバム『ULTIMATE DIAMOND』の完成時、彼女はそんな風に語っていた。
 それはつまり、現状維持を良しとせず、常に努力と挑戦を続けているということに他ならない。
 同アルバムにおいても、ジャズやメタルのテイストを取り入れたり、作詞面でもこれまでに培った和の表現を更に突き詰めてみたりと、しっかりと新機軸を打ち出していることが窺える。
 ライヴやイヴェントで披露してきたSTOMPや殺陣などもまたしかり。
 彼女が努力し挑戦することでチームの結束も固まっていくのだろうし、そんな真摯な姿勢を貫き通しているからこそ、ファンはより一層アーティスト・水樹奈々に魅了されていくのだと思う。

 さて、今回リリースされるBlu-ray&DVDで観られる挑戦とは一体何なのか?
 それはズバリ、水樹奈々史上最大のライヴへの挑戦である。
 約3万人もの観客を動員した7月の西武ドーム公演では、大会場ならではのド派手な演出とともに、4時間以上にもおよぶ一大エンターテイメントが繰り広げられた。
 色とりどりの衣装を身にまとい、時に激しく、時にしっとりと歌う彼女の姿には圧倒されることしきりだ。
 なお本作には、1月の日本武道館公演(最終日)の模様も網羅。
 どちらの公演も全曲完全収録という驚くべきヴォリュームとなっている。

 また年明け早々には、劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の主題歌となる21stシングル『PHANTOM MINDS』もリリースされる。
 切な系メロにストリングスという水樹奈々の十八番ともいうべきドラマチックなサウンドと、パワフルな中にもどこか包容力を漂わせたヴォーカルで紡がれるこの曲が、映画のストーリーとどのようなシンクロをみせるのか…。
 それは是非とも劇場のスクリーンで確認してみて欲しい。

Text by Naka



★2010年第一弾シングル!★
水樹奈々single-J『PHANTOM MINDS』 KICM-1299 1/13発売
自身も声優として出演する劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』の主題歌「PHANTOM MINDS」、同挿入歌「Don't be long」、アーケード版『シャイニング・フォース クロス』テーマソング「十字架のスプレッド」を含む全4曲を収録。初回分はスペシャル・パッケージ仕様、先着特典:オリジナルポストカード。



水樹奈々DVD-J『NANA MIZUKI LIVE DIAMOND×FEVER』 [DVD]5枚組 KIBM-221〜5 発売中
約1年ぶりとなるライヴ映像作品には、2009年7月5日の西武ドーム公演と、2009年1月25日の日本武道館公演の模様をまさかのカップリングで収録。当日演奏した全曲に、メイキング映像やオーディオコメンタリーなどを加えてリリース。SPECIAL BOX&デジパック仕様の初回特典、B2リバーシブルポスターカレンダーの先着特典あり。

[Blu-ray]3枚組 KIXM-10〜2
【2010/01/01 06:00】 | お知らせ | page top↑
安室奈美恵 『PAST<FUTURE』
<初出「Groovin'」2009.12-01/ISSUE#123>


常に自分自身を刷新、常に最新型であり続ける孤高の歌姫、
そのネクスト・ステージで表現された「忘れ得ぬ過去、目に見えぬ未来」。



安室奈美恵-A差替



 昨年リリースされたベスト・アルバム『BEST FICTION』が170万枚超えのセールスを記録したという安室奈美恵。
 だが、その数字の大きさよりもまず、ダウンと再浮上を繰り返しながらかなり長い間『BEST FICTION』がチャートの上位につけていたことに素直に驚いた。

 数々の輝かしい成功例を封印し、新しいことに貪欲であり続ける安室奈美恵の音楽を多くの人々が受け入れ、支持したということ、そしてそのヒットが一過性のものではなかったことに、だ。

 ベスト以降の第1弾シングルでも、ヒット作を受けての迷いを微塵も感じさせない挑戦的かつ実験的なナンバー「WILD」「Dr.」をぶつけてきた。
 今回、2年半ぶりとなるオリジナル・アルバムに収録されているシングル曲は前述の2曲のみという潔さだ。
 多くのJ-R&B、J-HIP HOPアーティストがケータイ的ラヴ・ソングや励ましヒップ・ホップといった安全な方向に様変わりするか、もしくはいかに本場&本格派であることをアピールするかのどちらかに傾く中、彼女はそのどちらにも属さず、ただ安室奈美恵というポジションと、トップ・アーティストとしてのプライドを貫き続けている。
 そのためのたゆまぬチャレンジ精神と揺るぎないミュージシャンシップは、当然この最新作でも大いに発揮された。
 
 安室作品ではおなじみ、彼女自身も大きな信頼をおくT.Kura & michico、Nao'ymtに加え、TIGER、DOUBLEら強力な布陣により制作された本作。
 真骨頂のダンス・チューンのみならず、久々のバラードである「The Meaning Of Us」ですら"J-ポップ<洋楽"といった印象で、ドメスティックな要素と洋楽的な要素、その折衷具合は相変わらず見事なものだ。

 過去よりも未来。
 そんなタイトルのついたアルバムのキーとなる「Dr.」を中盤に、全体のテーマを総括した「Defend Love」をエンディングにと、スケール感ある楽曲を要所に置きながら、全体的にはいい意味での軽みもあり、曲の運び、テンポもよく、思いのほか聴きやすい。
 理屈や知識といった次元とは異なる、恐らくパフォーマーとしての本能で自身がチョイスしたであろう「新しさ」「カッコよさ」「面白さ」の中で彼女は、強気な女、挑発的な女、愛を乞う女をクールに演じきっている。

 一通り聴き終えてふと、14年前、まだ彼女がティーンエイジャーだった頃のヒット曲「Chase the Chance」を思い返した。
 過去は確かに未来という現在へと繋がっているのを実感する。
 「平坦な感動に興味はない」。
 かつてそう歌った安室奈美恵は今の彼女そのものでもある。


Text by 篠原美江


安室奈美恵-J-CD+DVD差替『PAST<FUTURE』[CD+DVD]AVCD-38010/B
「Fashion×Music×Vidal Sassoon」「コカ・コーラ・ゼロ」キャンペーン・ソングを含む待望のオリジナル・アルバム。シングル2曲+アルバム収録曲4曲、全6曲のミュージック・ビデオを収録したDVD付き仕様とCDのみの2形態でリリース。初回デジパック仕様。

安室奈美恵-JCD差替『PAST<FUTURE』[CD]AVCD-38011
※写真は上が[CD+DVD]、下が[CD]のジャケットです。
【2010/01/01 00:01】 | お知らせ | page top↑
<初出「Groovin'」2009.08-09/ISSUE#119>



「わたしの、しらない、わたし。」が本人出演のCMソングとしても話題のなか、
デビュー10周年を飾る2枚組ベスト・アルバムをリリース!
大切な人への手紙に添える言葉、"ALL MY BEST"をタイトルに冠して、
リスナーへの感謝の気持ちを込めた大切な作品に。


倉木麻衣-A 1999年、私は高校2年生だった。
 そして、その年「Love, Day After Tomorrow」で日本デビューした倉木麻衣も、高校2年生、17歳だった。
 当時買った倉木麻衣のアルバムは今でも棚に並んでいるし、曲にまつわる学生時代のエピソードを挙げれば切りがない。
 でも思い返せばあの頃、まさか倉木麻衣が私と同い年だなんて自覚しては聴いていなかったような気がする。
 他の多くのミュージシャンと比べてTVで見かける機会が少なかったことも、今ほどネットによる情報発信が盛んでなかったことも一因だろう。
 何より、こんなにカッコイイ英語の歌詞をサラリと歌えてしまう人が、私と一緒の年のハズがないんだ、って。

 でも、その感覚は今もあまり変わっていない。
 最新ナンバー「わたしの、しらない、わたし。」がKOSE「エスプリーク プレシャス」のキャンペーン・ソングとなり、自身もイメージ・キャラクターとしてのCMに出演している倉木麻衣。
 この最新ナンバーは、一箇所にとどまることなく躍進する倉木麻衣の新しい可能性を示す大切な曲になりそうだ。
 ひとつの恋愛を節目に変わろうとする女性の心情を歌ったミディアム・テンポのR&Bチューン。
 イントロなしでサビから始まるという楽曲の展開も、確固たる意志をもった歌声も、とても力強い。
 誰にでも平等に流れるはずの時間が、特別濃密に与えられたかのように、こんなにも10年という歳月が倉木麻衣を1人の女性として美しく輝かせるなんて。

 そんな倉木麻衣の10年の集大成となるベスト・アルバムがリリースされる。
 アルバムのキャッチ・コピーもまた「わたしの、しらない、わたし。」。
 そこには、倉木麻衣自身がデビュー当時は思い描き切れなかった"10年分の私の知らなかった私"がいるだろうし、もしかしたら、未来に描く"今はまだ私の知らない私"へと繋がるものかもしれない。
 本作には、最新ナンバーに至るまでの全32曲を2枚組で収録。
 中でも[DISC 2]収録の、楽曲提供のミュージシャンが多彩になりR&B/HIP HOP色を強めた最近のシングル曲には、サウンド面のみならず、歌詞においてもよりリアルな自分自身を発信しようとする姿勢が見えたりと、10年目にしてまだまだアグレッシヴな倉木麻衣がいる。
 だからこそ、このベスト・アルバムは過去の集大成でありながら、とても未来がみえる作品だと思うのだ。
 彼女より上の世代や、デビュー当時の彼女を知らない下の世代にはどう映るのか、もしかしたら私とは違う印象を抱いているかもしれない。
 それでも、私にとって倉木麻衣は、同い年でありながら常に一歩前にいて、前へ前へと進んでいく存在だ。

Text by 秦 理絵(編集部)


倉木麻衣-J 『ALL MY BEST』 9/9発売
倉木麻衣、10周年ベスト・アルバム!最新CMソング「わたしの、しらない、わたし。」をはじめ、全米デビュー曲「Baby I Like」、日本デビュー曲で140万枚の大ヒットとなった「Love, Day After Tomorrow」を含む各年代の代表曲をもれなくパッケージ!全ての層のリスナーにお楽しみいただくべく通常盤2CDと初回限定盤2CD+DVDはもちろん、数量限定生産のmicroSD、USB、MD、カセット、レコードの計6つのメディアでリリース!メディア毎に特徴的な特典付き。


★発売形態詳細★

[2CD+DVD] VNCM-9007~8
※特典DVD「MAI KURAKI LIVE SELECTION」80分収録
 Mai Kuraki×Director's Special Talk付

[2CD]VNCM-9009~10

[microSDTMメモリーカード]VNZM-9002
※MUSIC VIDEO「わたしの、しらない、わたし。」+MAI KURAKIオリジナル待受画像

[USBメモリ] VNZM-9001
※MUSIC VIDEO「わたしの、しらない、わたし。」+MAI KURAKIオリジナルデスクトップ

[MiniDisc](2枚組) VNYM-9001~2
※「わたしの、しらない、わたし。 -CM Ver.- 」音源

[カセットテープ](2巻組) VNTM-9001~2
※オリジナルカラオケ4曲

[アナログ・レコードLP盤](4枚組) VNJM-9001~4
※Remix Ver.4曲
【2009/09/01 03:00】 | お知らせ | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。